インラインスケートの滑り方、止まり方

20140129_thumb

前回の記事でインラインスケートの紹介、アグレッシブインラインスケートの紹介をしてきたので

今回は滑り方について書いていこうと思います。

まずは準備をしよう!

今までインラインスケートの記事で紹介してきた通り、プロテクター関係とインラインスケートを用意しましょう。

後は出来るだけ地面がキレイな公園や施設。

あと、出来るならサポートしてくれる友達をつれてきましょう。

一人でも練習は出来ますが、二人だと安全で楽しく長続きします!

今回はサポートしてくれる友達がいるパターンいないパターンの両方を紹介していきます!

早速練習!パンダ登場

初めてインラインスケートをはくと、大体の人はこうなります

一人でバランスを保ちながらたつのがやっとで、少しでもタイヤが転がるとオロオロとしてしまいます。

panda_01

あ!なんか出てきましたね

紹介しましょう、今回滑れない人のモデルをしてくれる

だいきちの友人、白黒が好きな「パンダ」です!

panda_02

今回、パンダが初心者のころにだいきちと一緒に練習した事を紹介していきます。

滑り方の練習

まずは足を肩幅に広げ、つま先を外側に向けます。

スキーで言うボーゲンの反対をイメージするとわかりやすいと思います。

その状態から右、左とタイヤを滑らせずに歩くように進んでいきます。

lesson_1_1

これをバランスを崩さず出来るようになるまでひたすら続けます。

ここで気をつけなくては行けないのが姿勢です。

緊張して背筋を伸ばしてしまうと体重が後ろに向き、ふとした拍子に後ろ向きに倒れてしまう可能性があるからです。

ヘルメットをしていれば痛みは少ないかもしれませんが、運が悪ければ病院へ・・・

ケガが無くてもスケートに対してトラウマを抱いてしまいます。

なので、お相撲さんのように膝をかる曲げ前傾姿勢で練習しましょう。

lesson_1_2

バランスが取れるようになってきたら、少しずつタイヤを転がしながら同じように右から、左からと一歩ずつ丁寧に練習しましょう。

この練習はパートナーがいる場合、手を持ってもらいながら練習してみましょう。

lesson_1_3

パートナーがいない人は、公園の手すりをつかみながら練習しましょう!

このときにお相撲さんのような前傾姿勢を心がけましょう。

パートナーと一緒だと、危ないときに助けてもらえますが

一人だと、誰も助けてくれません。

必ず前傾姿勢を心がけてください!

lesson_1_4

この練習をひたすら続け一人でもバランスが取れるようになったらゆっくり滑り出してみましょう!

そしていよいよ次は止まり方の練習です。

止まり方の練習

インラインスケートでの止まり方は、滑り方よりも重要だと行っても過言ではありません!

なぜなら止まる事が出来なければ、危険を回避する事が出来ないからです。

特に人が多い公園で滑るときにとっても危険です。

だいきちも実際にそんな経験があります。

パンダがだいきちの補助なしで滑れるようになったころ・・・

lesson_1_5

自分だけじゃなく周りの無関係な人まで巻き込む事になりかねません・・・

なので、スケートを履いたままバランスを保てるからと言って調子に乗って滑り出すのは控えましょう!

それでは止まり方の説明ですがとってもカンタン!

止まりたいときに、片足だけを進行方向から90°曲げるだけです

lesson_1_6

これをTストップと言います

言葉で言うのはカンタンですが、実際にやってみると意外と難しいものです。

最初のうちは怖くて足を開く事が出来ないと思います。

なので、止まった状態から足を90°に開く練習をしておくと滑りながら足を開くのに抵抗がなくなると思います!

このブレーキですが、慣れないうちは急ブレーキになりがちなので滑るときと同様に

友達に手を持ってもらったり

手すりにつかまりながらすべったりと

少しずつ慣れていきましょう!!

海外の動画ですが、Tストップのやり方を説明しているものがあったので

「実際、どんな動きをするのかわからな〜い」という方は観てみてください。

まずはこの二つをしっかりマスターしよう!

滑り方にも止まり方にも、今紹介した2つ以外にたくさんあります。

ですがやはり基本となってくるのはこの2つなので、初めはもどかしいかもしれませんがしっかり練習してこの2つをマスターしましょう。

住宅の基礎工事と一緒で、一番最初の基本がしっかりしている人ほど上達していきます。

最初は転ぶかもしれないのでしっかりとプロテクターを付けて練習しましょう!

  

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメント